フィリピン地方都市&田舎生活、NGO運営、独立、国際協力、フィリピンたび

いしいたけしのブログ

「フィリピン・マニラで入れる6つのお風呂を徹底比較!」I'm onsen spa、富士スパ、山忠、SM健康サウナ、ウェンシャスパ、New Lasema

投稿日:2019年8月12日 更新日:

海外に長期滞在してると恋しくなるうちのひとつがお風呂ですよね。

フィリピン・マニラには日本のスーパー銭湯に近いお風呂がいくつかあります。

今回はその中で6つを徹底比較して紹介していきます。マニラでお風呂に行きたくなったら値段や場所サービスなどを下記で比較して参考にしてみてください。

スーパー銭湯?フィリピン・マニラのお風呂を徹底比較!

フィリピン・マニラでのお風呂は基本的にどこもキレイで、混み合ってることも少なく、広々しています。

またすべて水着着用とかではなく裸でお風呂に入ります。タオルも付いてくるので手ぶらで行ってOKです!

お風呂はちゃんと熱くてサウナもあります!ただしウェンシャスパだけお湯がぬるーいので注意!

料金 所在地 営業時間 特徴
I’m Onsen Spa 750ペソ マカティ 昼12時–AM2:00
※金土日はAM3:00まで
I’m Hotel併設の高級スパ。様々なコースがある。1900ペソで豪華なビュッフェとマッサージが人気。
富士スパ 590ペソ マカティ 14:00~21:30 リトル・トウキョウの近くにある。お風呂があるのは男性のみ。日本人経営。
山忠 600ペソ マラテ 24時間営業 日本食レストランが併設されている。日本人経営。
SM健康サウナ 650ペソ パサイ 11:00~AM2:00 空港から近い。ネットワールドホテルに併設されており、高級感がある。日本人経営。
New Lasema 300ペソ マカティ 24時間営業 滞在時間が3時間でお風呂だけの利用なら最安値。滞在時間12時間の場合700ペソ。韓国人経営。
ウェンシャスパ 880ペソ* パサイ/
ケソンシティ
11:00~AM2:00/24時間営業 お風呂がぬるい。全コースでビュッフェ付き。

※お風呂に入るだけの最も安い料金を表示。ウェンシャスパは入浴のみのコースがないのでフットマッサージャー+ビュッフェのコース。
※料金と営業時間は2019年7月時点になります。頻繁に変わりますので、ご注意ください。

どこも滞在時間は基本的に時間制限なしです。ただしNew Lasamaのみ3時間か12時間コースを選びます。

ちなみに入浴+全身マッサージにすると料金は以下のようになります。

I'm Onsen Spa=1500ペソ
富士スパ=920ペソ(女性マッサージのみ750ペソ)
山忠=850ペソ
SM健康サウナ=980ペソ
New Lasema=800ペソ(滞在時間3時間のみ。12時間の場合990ペソ。)
ウェンシャスパ=1080ペソ(ビュッフェ付き。上記880ペソはフットマッサージ。)

I’m Onsen Spa

I'm Onsen Spaはとにかくキレイでおしゃれでここにある6つの中では最も高級志向のスパです。

お風呂もこの通り。

アロママッサージやホットストーンマッサージなどマッサージの種類も豊富でスパ好きの女性も満足できると思います。

また16時から22時の間はビュッフェの利用も可能で、このビュッフェがかなり豪華!

お風呂+ビュッフェ+1時間のマッサージで1900ペソになります。

リラックスラウンジでのんびりすることもできます。

リッチにのびのび気分転換したい方はI'm Onsen Spaがおすすめです。

場所はマカティの中心部、マカティアベニューとカラヤアーンアベニューの交差点にあります。

富士スパ Fuji Spa

富士スパはマカティのリトルトーキョーのすぐ近くにあります。

日本食材屋や日本食レストランや居酒屋が周囲にたくさんあるので合わせていくのにおすすめです。

ただし閉まる時間が21時半と少し早いのでご注意ください。また女性側にはお風呂がなく、お風呂に入れるのは男性だけです。

お店は日本人経営だけあり日本の銭湯のような雰囲気があります。

店内で軽食やビールなども販売してるのと、ロビーで少しのんびりすることもできます。

山忠 Yamachu Spa

山忠のエントランスはなんだか威圧感がありますが笑…富士スパ同様に日本人経営なので日本の銭湯っぽさがあるお風呂です。

休憩ラウンジもあります。

ちなみにマニラの日本食レストラン「日本橋亭」と同じ系列らしく、日本食付きのコースもあります。

お風呂のみが600ペソ
+マッサージor日本食で850ペソ
+マッサージ+日本食だと1100ペソになります。

日本食はラーメン、カレー、カツ丼、オムライスなどの中から一品を選ぶことができます。

マラテの繁華街、マビニ通り沿いにあるので夜は治安に気をつけてくださいね。

SM健康サウナ・スパ

SM健康サウナはネットワールドホテルの5階にあり、I'm Onsen Spaに続いてキレイで高級感のあるスパです。マッサージもクオリティが高いと評判です。

お風呂はジャグジータイプです。

キレイな休憩室もあります。

空港から渋滞がなければタクシーで15分くらいのところにあるので、到着後にあるいは出国前にひとっ風呂浴びることができます。

また同建物内にレストラン海舟という有名な日本料理屋もあります。

New Lasema Spa ニューラセマスパ

New Lasema Spa(ニューラセマスパ)はジムジルバンという韓国式のスパのことだそうですが、お風呂に入れて、マッサージを受けれて、サウナがあるという点においては他のスパと変わりません。

ただしサウナがあまり熱くありません。

なんといってもNew Lasema Spa(ニューラセマスパ)は他と比べて300ペソでお風呂に入るので、価格が安いです。

お風呂はこんな感じです。ちゃんと熱いお風呂です!

休憩スペースで軽食を購入することができます。軽食は基本韓国料理で個人的にあまり惹かれるものはありませんでした。

また3時間コースの場合はこちらは使えません。

休憩室もあります。眩しそうですがブラインドを閉められるので安心してください!笑

こちらも3時間コースでは使えないので要注意です。

場所はマカティにあるのですが中心部からは少し離れており住宅の中で突然現れます。少しわかりにくいのでGrabなどで行きましょう。

Wensha spa ウェンシャスパ

ウェンシャスパはローカル感が漂うスパです。ただ施設内は十分キレイですし、広々しています。

お風呂も広いです。ただし熱くないです!温水プールレベルですね。

こちらはパサイ店のお風呂。

こちらはケソンシティ店のお風呂。

そして全コースでビュッフェが付いてきます。

メニューはフィリピン風しゃぶしゃぶ(味濃い目のラーメンのようなお出汁)とフィリピン料理です。

パサイ店にはちょっとした休憩スペースがありそこで仮眠ができます。

ケソンシティ店ではマッサージを受けた後にスタッフさんに一声かければ、そのままマッサージベッドで仮眠をとることができます。

ちなみに24時間営業で滞在時間に制限もないようなので…夕食→お風呂→マッサージ→仮眠→朝食なんていうこともできそうです。

やったことないですが、マッサージだけしか名前をチェックしてないので食事は何回でもとれそうです!

パサイ店は空港から近く車で30分くらいなので出国まであるいは到着後に時間をつぶしたりできると思います。

ケソンシティ店はマニラの北部なのでマカティやマラテが少し遠い人は足を伸ばしやすいかもしれません。

マニラのお風呂おすすめはどこ?

最後にそれぞれのポイントを抑えておすすめを紹介します!

値段を安くそしてお風呂に入るだけならNew Lasemaが一番です。ただし最安値の3時間コースの場合は休憩スペースなどが使えません。

値段を気にせずラグジュアリーに行くならI'm onsen spaがダントツです!

のんびりしつつ日本食を食べたいなら富士スパ山忠。ただし富士スパは21時半までなので注意。

一番バランスが良いのがSM健康サウナ。立地が少し悪いかもです。

お風呂は良いからただのんびりしたいあるいは仮眠したい場合はウェンシャスパ

になります。

ということで以上を比較してフィリピン・マニラでお風呂楽しんでください!







-マニラ情報

Copyright© いしいたけしのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.