フィリピン地方都市&田舎生活、NGO運営、独立、国際協力、フィリピンたび

いしいたけしのブログ

フィリピン移住、生活費いくらかかる?1人暮らしだと月5万円で十分!?

投稿日:2019年4月2日 更新日:

こんにちは。フィリピンのパンガシナン州で1人暮らしをしている、いしいたけし@kuya_takeshiです。

物価が安いから移住したら生活も安く済むと言われるフィリピン。

実際30代男性のわたしがひとり暮らしをしてかかった費用を計算してみたところ…1ヶ月の生活費は5万円以内に収まりました!

ということで今回はフィリピンでの生活費を大公開して、フィリピンに移住したら生活費がどれくらいかかるのかを解説していきます!

フィリピンに移住して生活費は1ヶ月でいくら?

まず私の1ヶ月の生活費(2019年3月)ですが正確には23,001ペソ=約48,938円(2019年4月1日レート:1円=0.47ペソ)でした!

前提として言っておくと節約などは全くしていません!

ただ逆に物欲があまりなく必要なもの以外に買い物はそんなにしません!

そんなわたしの生活費の内訳はこんな感じ

生活費の内訳を徹底解説!

家賃

家賃は9,000ペソ=19,149円でした。これはフィリピン地方の家賃です。

マニラなどは同じ間取りだとおそらく2倍~3倍はします。

ちなみにわたしの家はオフィス兼自宅で結構広めのアパートを借りています。

間取りはコチラ

だいたい65平米の2DKです。

1階はオフィスとして、2階のひと部屋を自分の部屋として、もうひとつの部屋をゲストルームとして使っています。

外観

1階のオフィス

これよりも狭いワンルームの部屋を地方で借りるとしたら家賃はこの半分程4,000ペソ~5,000ペソ(8,480円~10,600円)になります。

マニラだとやはりこの2倍~3倍くらいかかります。

さらにプール、ジム、コンシェルジュ付きのマニラの高層コンドミニアムになるとワンルームで6万円、2部屋だと8万円が相場です。

外食

家賃の次にお金を使うのが外食でこの月は3,312ペソ=7,047円でした。

だいたい2日に1回くらい外食をしています。ひとりですることがほとんどですが週に1回くらいスタッフや友人と外食にいきます。

そういうときは大抵日本人であるわたしのおごりです。

フィリピンには割り勘の文化はなくお金のある人がおごります。これは避けられないですね…。

と言ってもそんなに贅沢をするわけではなく作るのが面倒なだけなので、

安ければローカルの食堂で1食50ペソ=110円

高くてもカフェやレストランで1食200~300ペソ=430~640円

おごるときは3,4人でだいたい800~1200ペソ=1700円~2540円くらいになります。
(お金がかかるので大人数ではあまり行きません笑)

食料品

外食のとき以外はもちろん自炊しており食材の費用が2,026ペソ=4,311円でした。

結構安いです!物価の安さがわかります!

買い物は市場の方が安いですが、スーパーの方が種類も豊富で簡単に全て揃うのでスーパー派です。

ただし輸入食品などは高いのであまり買いません。例えば納豆、そばなど。

ちなみにこの食料品費には飲水も入っています。

1タンク25L=20ペソのものを買っています。

1ヶ月40ペソ=80円で済んじゃいますね。

通信費

通信費は2,580ペソ=5,489円。

これはほとんどネット契約料金で、月々2080ペソ=4400円です。

これが日本とほぼ変わらない感じ!ネット料金高い!

一方携帯はプリペイドなのですが、この月は家にいる時間が多くあまり携帯を外で使わなかったので500ペソ=1,060円で済みました。

水道光熱費

水道光熱費は全て合わせて1,469ペソ=3,126円でした。

電気代が1,287ペソ=2,740円。

これも結構高いです!日本と変わらない!?

エアコン、温水シャワー、冷蔵庫、洗濯機で電気は主に使っています。

温水シャワーは毎日、エアコンも暑いなーと思ったら使います。

水道代は182ペソ=400円くらいです。

ガソリン代=交通費

私の場合田舎暮らしなので交通費全てがガソリン代です。1000ペソ=2120円でした。

地方生活は車がないとやっていけないですね。

マニラだとタクシーやGrabばかりを使うとおそらく1ヶ月1万円、2万円と平気で行ってしまうかなと思います。

ジプニー、LRT/MRTをつかいこなせばおそらく5000円くらいで済むでしょう!

その他

マッサージ代:880ペソ=1872円 | マッサージは息抜きがてら月2,3回行きます。1回1時間600~800円と安いですね!

お酒:620ペソ=1319円 | ビール1本40ペソとかなので格安ですね。単純計算で16本くらい飲んでることになりますが、友人の家で飲むときに奢ったりしてます。

おみやげ:682ペソ=1451円 | これは友人の家に遊びに行くときのお菓子代とかです。1回400円くらい使います。フィリピンはおみやげ大好き社会です!

カフェ:659ペソ=1402円 | カフェで作業したときのコーヒー代です。コーヒーはローカルだと1杯100~160円くらいで、スタバなどの有名チェーンだと200~350円くらいです。

日用品:573ペソ=1219円 | この月はあまりかかりませんでした。トイレの芳香剤、延長コード、テッシュ、テープ…それくらいかな。

掃除代行:1回200ペソ=426円 | 知り合いに掃除をお願いしてピッカピッカにしてもらいました。人件費が安いので助かります!

生活のレベルはどんな感じ?

月5万円弱のひとり暮らしフィリピン生活。

なにかをがまんして節約するわけではなく高級レストラン(日本食レストランなど)で食事するわけでもありません。

外食は日本のライフスタイルで言うならファミレス・ラーメン・牛丼くらいの感じ、お酒もほどほどに飲んで、自炊もして、エアコンもがまんせずに使う、そんな感じの生活スタイルです。

もし良かったら参考にしてみてくださいね!

追記:滞在費を抑えるために実質無料で海外旅行保険に入る方法

海外に滞在する際の費用をなるべく抑えたいという方は生活費だけでなく海外旅行保険費用航空券費用を見直してみてください!

海外旅行保険費用

海外旅行保険の場合1ヶ月だと安くても20,000円はかかります。

そこでおすすめなのが海外旅行保険が付帯されるクレジットカード。

ちなみに海外旅行保険付帯のカードはありますが、エポスカードは持ってるだけで海外旅行保険が付帯されます。

カード自体は年会費無料なので持ってるだけで無料で海外旅行保険に入れる!面倒な加入手続きもなしです!

(ちなみに楽天カードは旅行の際の交通費を楽天カードで支払うことなど、カードによっては付帯条件があります。)

海外旅行保険の保証内容は以下の通り。最低限は十分まかなえます。

 

 

 

 

 

 

また保険適用期間も3ヶ月と長いです。

僕の場合だいたい3ヶ月に1回は日本に一時帰国する機会があるので、拠点がフィリピンにあるにも関わらずエポスカード1枚で保険が成り立ちます。

航空券費用を抑える

航空券費用を抑えたい場合は圧倒的にジェット・スターがおすすめです。

安ければ成田マニラ間の往復で3万円を切るのはザラです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジェット・スターの場合は公式サイトからもしくはエアトリで取得がおすすめです。

JALやANAあるいはフィリピン航空を使うよりも最高で3万円くらいはお得になりますよ!







-フィリピン移住生活

Copyright© いしいたけしのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.