フィリピン地方都市&田舎生活、NGO運営、独立、国際協力、フィリピンたび

いしいたけしのブログ

フィリピンで銀行口座を開設する方法!観光ビザでもOK!

投稿日:2018年11月15日 更新日:

フィリピンの田舎まちパンガシナンで生活しています。いしいたけし@kuya_takeshiです。

フィリピン生活の中で一番最初に苦労したのが銀行口座の開設。最初の1ヶ月くらいはそこにつまづき現金をずっと手持ちで管理してました…。

なぜ銀行口座開設に苦労したかというと…

観光ビザで滞在していること、フィリピンにおいて職を持っていないこと(収入がないこと)で信用がないと判断され壁になりました。

ただそれでも何度か銀行に行きなんとか口座開設には成功しました!その方法を体験談も交えてみなさんにもシェアしていきたいと思います。

フィリピンで銀行口座開設に必要なもの

まずフィリピンで銀行口座開設のために必要なものは以下の2つ。

・身分証明書2種類
・現住所を証明するもの

身分証明書はまずパスポートが使えます。それ以外に僕は国際免許証、ACR-Iカード(60日以上滞在のビザ更新の際に取得が必要な外国人登録証)を持っていました。

現住所を証明するものは契約書、水道光熱費の領収書、バランガイクリアランスと呼ばれる住民票、住所の書いてある郵便物などが使えます。

これらのものは審査の材料となるので銀行によっては現住所の証明するものも2つ以上あるいはどれかが必ず必要ということもあります。こればかりは銀行の窓口で聞いてみないとわかりません。

またホテル住まいでは口座開設はまず無理だと思った方が良いです。

なのでホテル住まいの場合は知り合いの家に一度同居するなどして、その家の上記の書類を用意すると良いと思います。またその場合居住者に同行してもらおうと信用という面でなお良いと思います。

口頭質問への回答

口座開設には窓口で様々な質問を受けます。

1、なんのために口座を開設するのか?
2、お金の収入源は(預金するお金はどこから来るの)?
3、仕事はなにか?

こんな感じで、これも審査の一部ですね。ちなみにこれだけ審査が厳しいのは犯罪利用予防のためだと思います。さすがフィリピンです。

質問の答えとしては長期滞在で大金を持ち歩きたくないとか、度々フィリピンに来るので預金しておきたいとか、収入源は日本での収入でとかで問題ありません。仕事は会社名の入った英語名刺とかあると良いですがなくても問題ないと思います。

ここを必要なものを用意し、口頭質問をクリアすれば無事口座開設をできるはずです。

体験談1:開設失敗バージョン

ここからは僕の口座開設の体験談を書いていきます。口座開設に際して参考にしてみてください!

フィリピンには有名どこの銀行がいくつかありますが、その中で僕がまず行ったのはRCBC。

僕の知り合いの日本人が以前ここで口座を開設していたこともあってここにしました。

ということで銀行へ

窓口で「Saving Account(いわゆる普通口座)を開設したい。」

と伝えると口頭質問がはじまります。ちなみに個人の普通口座です。

採用試験の面接みたいで一歩間違えると口座開設が困難になりそうな雰囲気でした。笑

1、なんのために口座を開設するの?
2、お金の収入源は(預金するお金はどこから来るの)?
3、仕事はなにをしている?
4、住んでいるところはどこ?
5、ビザの種類は?

が主でした。基本的に向こうは疑いに来ていました…笑

悪いことはしてないのでまずは誠実にいってみよう!とここでまずバカ正直に全て答えました。

(※ちなみに僕は日本でHome for HopeというNPO法人を立ち上げて、フィリピンで事業を行っています。このときは事業立ち上げの準備段階でした。)

回答1、「事業を始めるのでそのお金を預金する。」
回答2、「日本で寄付を集めた。」
回答3、「Foundationです(日本で言うNPO)。」
回答4、現住所を伝える(すでにアパート契約済)
回答5、「観光ビザです。」

正直結構疑われました。特に事業を始めるという点において、本当に実態のある事業をやるのか?怪しい事業じゃないのか?という様な感じでした。ただ、そこに関してはフィリピンで登記をしてないかったことがネックになりました。

また以下の書類の提出を求められました。

・団体の存在証明のためこれから始める団体のリーフレット
→英語版ない。

・フィリピンの住民票(バランガイクリアランス)
→地域役場で要発行手続き。かなりめんどい…。

・公共料金の領収書
→まだ住んでから1週間なのでない。

・身分証明書2種類
→パスポート、国際免許証、AIR-Iカード(ビザ延長のときに取得可)を持ってたのでこれはOK!

これらのものを用意するとなるとかなり手間と時間がかかりそうなので、RCBCでの口座開設は一旦保留し違う銀行へ行くことにしました。

体験談2:開設成功バージョン

そして無事に開設できたのがセキュリティバンク。

なぜここにしたかと言うとRCBCよりも少しだけ知名度が落ちるからその分少し審査もゆるいかなと考えました。

さきほどと同じように口座開設にあたって口頭質問がスタート!

1、なんのために口座を開設するの?
2、お金の収入源は(預金するお金はどこから来るの)?
3、仕事はなにをしている?
4、住んでいるところはどこ?
5、ビザの種類は?

聞かれることはだいたい同じですね。

RCBCでは特に事業をやるっていう部分で疑われたうえ、こっちもその辺りの証明できるものがないのでその辺りに触れないように勝負しました!

回答1、フィリピンに良く来るのでレートの良いときに両替して預金しときたい。
→うそじゃない。

回答2、日本で得た収入です。
→日本で得た寄付収入なので、うそじゃない。

回答3、日本で働いています。
→日本で寄付集めしてるし、活動してるのでこれもうそじゃない。

追加質問1:なんという会社?
回答:Home for Hopeです。
→立ち上げた組織の名前。

追加質問2:なにしにフィリピンに来てるの?
おお!そりゃそうだ。確かにこれまでの回答じゃなにするか不明だよね。

回答:旅行です。
→まぁうそじゃない。

するとパソコンを動かし始め書類を作成している…

ここはなんとかクリア!

そして次に求められたのが以下の書類。

・身分証明書2種類
→パスポート、国際免許証、AIR-Iカード(ビザ延長のときに取得可)でOK!

・住所を証明するもの
→大家さんとの契約書でOK!

無事口座開設!

ということで窓口の関門は無事クリア。

その後「審査に3日かかるので連絡する」と言われて帰宅。

しかし、3日たっても1週間たっても連絡がなかったので銀行へ行くと。

また上の同じような質問が繰り返され…どんだけ疑われてるんだよ!笑

無事口座開設、カード発行となりました!!

そしてさらに1週間後に発行されたカードがこちら…

なんとこちら!マスターカードのマークついてます!

なんも言われなかったけどクレジットカード機能付帯らしく!これはラッキーでした!







-フィリピン移住生活

Copyright© いしいたけしのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.