フィリピン地方都市&田舎生活、NGO運営、独立、国際協力、フィリピンたび

いしいたけしのブログ

フィリピンで中古車を買う方法と購入時の注意点!

投稿日:2018年11月4日 更新日:

フィリピンの地方パンガシナン州というところに住んでいます。いしいたけし@kuya_takeshiです。

日本もそうですがフィリピンでも地方は公共交通機関が非常に不便なので、生活するうえで車が欠かせません。

ということで今回は僕がフィリピンで中古車を買うまでのことを紹介していきます!

僕は地方で中古車を購入しましたが、マニラなどの都市でも同じように中古車探せると思いますよ!

フィリピンで中古車を探す

以前、物件探しの記事にフィリピンには(特に地方は)不動産屋がないと書きましたが、

フィリピン移住!賃貸アパート物件を探すときに知っておくべきこと

それと同じで中古車販売店というものが基本的にはありません。

主な中古車店はHONDAやTOYOTAの正規販売店が扱っていて価格は新車とほぼ変わらないんです。

なので、あまりそこで中古車を買うメリットはありません。

ではどうするかというと…路上で売っている車を探します!

売りに出してる中古車には「For Sale」という紙が貼ってあります。

こんなのあるの?と思うかも知れませんが、町中を意識して移動してると意外と何台もあります。

主に路肩に停めてありますが、ときおり走行してる車もあります!驚きですよね!?売ってるけどまだ乗ってる笑

見かけたら車の近くによっていきましょう。

(走ってる場合は電話番号をメモって後ほど電話しましょう。)

すると…

オーナーあるいはオーナーから依頼された仲介人がひょこっと出てきて話がはじまります。

購入時の注意:車内チェック及び試乗

話がはじまれば割とすんなり車内のチェックと試乗ができます。

僕がチェックした点を下記にまとめておきます。

・ハンドルに歪みがないか。固定したまままっすぐ走るかどうか。
・ブレーキは正常に機能するか。強く踏み込まないと止まらなかったり踏み込むと異音がしたりしないか。
・トランスミッションの不具合はないか。不具合があるとマニュアルの場合ギアチェンジ後にガクンという振動や衝撃がある。
・タイミングベルトは劣化してないか。ヒビ割れなどないか。

青いのがタイミングベルト(基本は黒)。

・エンジンの不具合。走行中やエンジンスタート直後に異音はないか。
・車体や車体底に目立つ傷などはないか。特にそこは注意です。覗き込みましょう。
・ライトが点灯するか。ブレーキランプ、ウィンカー、テールランプ、ハイビームなど。
・エアコンはつくか。異臭はないか。
・ドアと窓の開閉はスムーズか。ひっかかりなどはないか。

など…ただしフィリピンの中古車は完璧なものはありません!

購入後にいくつか修理が必要なところが必ずでてきます!

なのである程度は修理する覚悟で購入しましょう。

特に消耗があるバッテリー、タイヤ、ワイパーのブレード、ステレオ、オーディオなどは自分でお金をかけてなおしたり交換する気持ちでいる方が良いと思います。

一方で上記に記したエンジン、ブレーキ、トランスミッションなどの異常は高くつきますし走行中に故障があると大変困ります。

フィリピン中古車の価格相場

フィリピンは物価が安いから車も安いだろう!なんて甘く見ちゃいけません!

新車の場合は日本と同じ価格です!!

そして、もっと残念なのは中古車は日本よりも高いです!!

中古車の価格がですが僕が見て来たうえでの価格相場は下記の通り。参考にしてください。

条件は…

「新車登録から15年程度」
「マニュアル車」
「走行距離10万km前後」

でした。

セダン…25万~35万ペソ

RV車…35万ペソ~40万ペソ(フィリピンではRV車が人気なので値段があがる!)

※上記条件から使用年数マイナス5年で価格+5万ペソくらい。オートマの場合も同様に+5万ペソくらい。

という感じで悲しいかな日本の中古車の倍くらします!

それでも新車の半額以下なので新車に手が出ない場合は仕方ないですね。

そして僕が購入した車がこちら…

2005年発売のToyota Revo Sports Runner!

荷台も広く、荷物がたくさん積載できるのはもちろん。荷台に折りたたみ式の椅子があり全部で最大10人乗れる優れものです!

マニュアル車で、走行距離が85,000kmで価格は…35万ペソ(約74万円)!!

日本だったらこの半額くらいですよね…。。。

購入後の修理に掛かる費用

続いて購入から半年以内で掛かった修理費です。

前述したように修理必要箇所がいくつかありました。こちらも結構かかりました。

一挙公開します!

・オーディオの交換…7,000ペソ
・エアコンの修理(試乗時は正常に動いていたものの1ヶ月で冷風がでなくなる😥)…5,000ペソ
・バッテリー交換(2日車に乗らないとエンジンが掛かり辛く、5日空けるとほぼ掛からない😥)…12,000ペソ
・タイヤ交換2つ…8,000ペソ
・オイル交換…3,500ペソ

合計:35,500ペソ(約75,000円)!!高い!

こちらを参考にどこまでだったら修理して良いかも考えてみてください。

だいたい50,000ペソ(約10万円)くらい修理にかかるかなと考えておくとあとでびっくりしないで済みます笑

フィリピン人の友人に聞くとこれくらいは普通だそうです。

購入の際の手続き

購入する際の手続きですが、まず購入前にあらかじめオーナーあるいは仲介人に下記書類の準備をしておいてもらいましょう。

必要な書類は

1、OR(Official Recipe):車・販売時の証明書

2、CR(Certificate of Registration):行政への登録証明書

3、DEED OF SALE:中古車譲渡契約書のようなもの

4、現所有者の身分証のコピー

の4つです。こちらは購入前に用意があるか確認しておきましょう!

もし用意がない場合は必ず用意してもらってから購入しましょう。これらがない=盗難車という可能性もあります!

購入はだいたい現金一括です。大金を現生で運ぶのはただたださえドキドキするのにフィリピンならなおさらですね!

お金を渡せば書類と一緒に鍵と車を受け取って終了です。

その後は最寄りの行政オフィス(LTO:Land Transportation Officer)に行きましょう。

手続きは書類さえあればオフィスの職員の指示に従うだけです。

ちなみにこの手続きを終えていなくても車は乗ることができます!

フィリピンはドライバーの運転マナーが悪いのでおおらかな気持ちで渋滞も受け入れる気持ちで運転してくださいね!







-フィリピン移住生活

Copyright© いしいたけしのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.